【韓国ドラマ】ボーイフレンド(ナムジャチング)11話あらすじについて-画像付き

韓国で2019年1月9日に放送された「ボーイフレンド(ナムジャチング)」11話のあらすじをご紹介します。ドンファホテルの危機を救うため、キューバまで飛んで行ったジンヒョク。彼のおかげでキューバ進出計画が白紙に戻らずに済みました。二人の愛は一段と深まったように見えますが、このまま順調に進むことはできるのでしょうか…。それではボーイフレンド(ナムジャチング)」11話目のあらすじを見ていきましょう。

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド1話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド2話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド3話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド4話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド5話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド6話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド7話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド8話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド9話あらすじ

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド10話あらすじ

 

【韓国ドラマ】ボーイフレンド11話あらすじ

ジンヒョク、本社復帰

キューバでしばし、楽しい一時を過ごしたスヒョンとジンヒョクは韓国に帰国した。

そしてジンヒョクは、前回雑誌に掲載されたことや、今回のキューバの件に尽力を尽くしたことが評価され、本社の広報部に復帰することができた。

ボーイフレンドあらすじ11話

尻尾をつかまれる理事

キューバホテルの事件について、理事が裏で部下に指示をしていた様子を、テギョングループが隠し撮りしていた。

逃げ場を失った理事に、テギョングループ代表(スヒョンの元旦那、ウソク)が頼みごとを聞くように命じた。

それは、ウソクがスヒョンとともにドンファホテルの共同代表を務めることができるよう、協力することだった。

屋台デート♡

スヒョンとジンヒョクは、屋台で夜ご飯デートをした。

珍しくお酒をたくさん飲み、酔っぱらったスヒョンは、ジンヒョクにかわいらしく甘え、普段とのギャップにジンヒョクは喜んだ。

今が幸せすぎて、毎朝目が覚める度にジンヒョクが消えてしまうような気がすると怖がるスヒョンに、彼は「半径10センチ以内で守る」と約束した。

ボーイフレンドあらすじ11話

ペアリングのプレゼント

スヒョンとジンヒョクは、カメラを持ってデートに出かけ、素敵な写真をたくさん撮った。

歩きながら、ジンヒョクは自身が読んだ小説の話をした。

悲しいストーリーのせいで、気分が落ち込んでしまったスヒョンの手を、ジンヒョクは自分のコートのポケットの中に入れた。

ポケットには、カメラのフィルムケースが入っており、スヒョンがケースを取り出してみると、中にはペアリングが入っていた。

ボーイフレンドあらすじ11話

ジンヒョクママのお誕生日会

ジンヒョクは、母の誕生日を祝うため、ドンファホテルに家族を招待した。

母は大喜びで出かけた。レストランへ向かうエレベーターの中で、ジンヒョクの両親とスヒョンが鉢合わせた。両親と面識がなかったスヒョンは、一顧客としてレストランへ案内した。

しかし、両親側はジンヒョクの交際相手だと気が付き戸惑った。

後にジンヒョクの両親だと知ったスヒョンは、彼らにワインをプレゼントした。

ボーイフレンドあらすじ11話

食事が終わったあと、ジンヒョクの母は「代表(スヒョン)は有名人なので、自分の息子とは釣り合わない」と旦那にこぼした。

ジンヒョクの父は、そんなことはない、と言いつつ一人、スヒョンのいる代表室へ何かを告げに向かった。

そのころ、ジンヒョクのもとへは、スヒョンの元旦那ウソクが来ていた。ジンヒョクが、何の用か尋ねると、彼は「一目ぼれして、今も愛しているスヒョンのことで話があって来た」と言った。

ボーイフレンドあらすじ11話

ボーイフレンドあらすじ11話

ジンヒョクの父はスヒョンへ、そしてウソクはジンヒョクへ、それぞれどんな話をしに来たのか…次回へ続く。

【韓国ドラマ】ボーイフレンド11話感想

二人の恋の行方をさまざまな人が邪魔をしますね。

ジンヒョクのお母さんも、息子とスヒョンは釣り合わないと考えているようで、この先が心配です。

お父さんは、スヒョンにどんな話をするのでしょうか。次回もハラハラしそうな予感です。

―>> 【韓国ドラマ】ボーイフレンド12話あらすじ

お友達にシェアしよう♪
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>