韓国ドラマ【秘密】9話&10話あらすじと感想は!?

韓国ドラマ【秘密】の9話目、10話目のあらすじと感想をご紹介します。

ミニョクとユジョンの関係が少しずつ変化し進展していく九話と10話。ドロドロした感じはありますが、今後の展開がとても気になる回になっています。

【秘密】7話&8話のあらすじはこちら

韓国ドラマ【秘密】第九話のあらすじ

ユジョンに執着するミニョクに嫉妬するセヨンと、ミニョクを牽制したいドフンは、役員会議でのミニョクの社長解任案に賛成し、ミニョクをKグループ社長の座から引きずりおろします。

事故当日に、ユジョンとドフンが一緒にいたことを知ったミニョクは、真相を聞くためにユジョンを問いただします。

しかし、頑ななまでの態度のユジョンを見て、何を守ろうとしているのか気になって仕方のないミニョク。一方、事故の調査を続けるミニョクに不安を感じるドフンは、自分につながる証拠を隠滅しようと必死に画策するのでした。

友人の紹介で新たなバイトを始めたユジョンですが、そこはミニョクの経営するレストラン。何も知らないユジョンと、そんなユジョンを見守るミニョク。

ミニョクとユジョンを遠ざけたいドフンは、彼のレストランでユジョンが働いていることを不安に思い、ミニョクが、自分たちが過去に恋人として付き合っていたことを知っていると、ユジョンに伝えます。

そのことをドフンから聞き、ミニョクとの連絡を絶ち、友人ジャヨンの家も出て、行方をくらましたユジョン。ユジョンが突然姿を消し、慌てたミニョクでしたが、ユジョンからの入金のメールを元に、居場所を探し当てます。

工場の食堂に住み込みで働いていたユジョンを見つけ出したミニョク。執拗に自分を追いかけるミニョクが理解できないユジョンに、ミニョクは「気になるから、俺のそばを離れるな」と思わず本音を口にするのでした。

韓国ドラマ【秘密】第一〇話のあらすじ

行方をくらましていたユジョンを見つけたミニョク。

ユジョンを近くに置きたいミニョクは、言うとおりにしないとドフンを解雇すると脅し、半ば強引にユジョンを自分の家に連れ戻します。お手伝いとして真面目に仕事をこなしていくユジョンに、少しずつ惹かれていくミニョク。

ユジョンも自分の気持ちに嘘をつくことができなくなっていました。パン屋を買い取ったものの、ユジョンに返したいと考えているミニョクは、「立地も悪く売れないから、早く買い戻せ」と伝え、ユジョンを驚かせるのでした。

自分の両親にもセヨンを紹介し、彼女との関係を深めていくドフン。事故の捜査を続けるミニョクは、証拠の一つである車載カメラの映像が消されていることに気付きます。

そして、それがドフンの仕業であると感付くミニョク。ミニョクが事故の真相を掴み、自分を脅し始めたことで、ユジョンが裏切ったのではないかと疑い始めるドフン。そんなドフンのことが気になり、彼のことが頭から離れないセヨン。

一方、父ウチョルの死に疑問を持っていたユジョンは、その件にドフンが関わっていたこと、また、仮釈放が取り消された件も、ドフンの指示があったことを知ってしまうのでした。

 

韓国ドラマ【秘密】第九話&第一〇話の感想について

真っすぐな性格のユジョンに惹かれていくミニョク。

とうとう自分の気持ちを抑えられなくなり、ユジョンを近くに置こうと考え始めます。ユジョンも、そんなミニョクを少しずつ受け入れていますね。

そして、この二人とは対照的な、セヨンとドフン。二人の間には、ビジネスパートナーとしての利害関係だけなのか、それ以上の感情があるのか、まだまだ分かりませんが、ドフンは抜け出せない闇にどっぷりはまってしまったようです。

信頼していたドフンが、父親の死と仮釈放の妨害に関わっていたと知ってしまったユジョン。今度はユジョンの心にドフンに対する復讐心が生まれるのでしょうか。

ドロドロしていくストーリーと同時に、進展していくミニョクとユジョンの関係。ますます面白くなってきました。

[box lightpink #fdf7fd]秘密はU-NEXTで見放題配信されています!

U-NEXTにお試し登録すれば無料で31日間利用することができます。秘密は【見放題】で配信されていますので、1話から最終話まで無料で見ることができますよ^^

見終わったら解約すれば費用はかかりませんのでご安心を♪

⇒ U-NEXTの登録はこちら

[/box]

【秘密】7話&8話のあらすじはこちら

【秘密】11話&12話のあらすじはこちら

お友達にシェアしよう♪
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>